Mantis

PlayStation® VR 対応一体型ヘッドホン(新型・旧型 PS VRに対応)

「Mantis」はPlayStation® VRの形状に合わせて設計されたヘッドホンで、装着時間の短縮と快適な長時間のVR体験の両立を可能にします。PlayStation® VRのヘッドバンドにクリップで取り付けるため、各々のプレイヤーの耳の位置に合わせて自由に調整することができます。

PlayStation®VRの魅力を引き出す
臨場感溢れる3Dオーディオ

付属 クイックスタートガイド
対応HMD PlayStation® VR
定価 税込10,800円(予定)
発売日
2017年9月9日
対応HMD PlayStation® VR
クリップでPlayStation® VRに取り付けます。軽量かつ長時間のプレイでも疲れにくいデザイン設計。

HMD一体型の形状を採用することで、ケーブルが複雑に絡み合ってしまう問題や、HMD装着後にヘッドホンをさらに装着しなければならない煩わしさを解決。PlayStation® VRの3Dオーディオにも対応。

ヘッドホンの装着位置やパッド部分の調整も簡単。PlayStation® VRで今までよりも没入的なVR体験を可能にします。

「Mantis」の主な仕様

  • ドライバーユニット:40mm
  • 再生周波数帯域:90~18000 Hz
  • インピーダンス:16 OHM
  • 平均出力:10mW
  • 最大出力:20mW
  • 感度:121+_ 3dB 5
  • 本体重量:122g
  • ドライバーユニット:40mm

メディア掲載

GIZMODO

“PS VR本体に挟み込むMantis VRなら、耳からズレることを気にすることなくVRゲームに熱中できるわけです。う~ん、なかなかナイスアイディアな逸品ですね!”

Road to VR

“Mantisを使うことによって、ゲームの世界にダイブするような没入感のあるVR体験がもたらされるだろう。とても良いソリューションだ。”

Forbes

“今のところ、MantisはPS VRユーザーにとってベストなオーディオ・オプションと言えるだろう。”

UploadVR

“100%のオススメだ。Mantisの登場で、PS VRユーザーが抱えていたフラストレーションの1つは解消された。”

レビュー掲載

初代PS VRにピッタリ、動いてもズレない一体型ヘッドフォン「MANTIS」 - AV Watch


“MANTISが真価を発揮するのは、体を動かすVRゲームのプレイ時や、横になってVR映像を見たいシチュエーション。特に横になっているときは、ヘッドフォンが自重で下がってきたり手で直したり面倒だが、MANTISはPS VRと一体化するので姿勢に関係なく基本的にズレない。”(記事を読むのはこちら

導入・採用事例

東京モーターショー2017「THE MAZE」


東京モーターショー2017主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」内の企画「THE MAZE ~都市迷宮を突破せよ~」に、MANTISが採用されました。「THE MAZE」は、PlayStation®VRを30台同時接続したネットワーク型VR体験コンテンツです。

出典:【東京モーターショー2017】未来のクルマと人、社会の繋がりを体感できる「TOKYO CONNECTED LAB 2017」 - Car Watch

Comment

“この手のヘッドフォンは音が薄い感じがするのですが、Mantisは結構しっかりとした音がでます。
PS VRと一体型にできるのもいいですね。”

水口 哲也 - Tetsuya Mizuguchi
レゾネア株式会社代表、米国法人Enhance Games CEO

サポート・修理・大口購入などのお問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
特許出願中。PlayStation®オフィシャルライセンスプログラム申請中。購入後1年間の保証(※)。“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※ 保証は正常な使用状態で起きた故障に限ります。故障が起きた場合は購入店舗、もしくは製品パッケージに貼付られたシールに記載の問い合わせ窓口にご連絡ください。次の注意項目に従った正常な使用をしなかった場合は保証の対象外になります。(1)湿気やほこり、油、煙、高温、直射日光の当たる場所には置かないでください。(2)ユニット部分に息を吹きかけないでください。(3)落としたり物にぶつけたりしないでください。
また次の場合が原因による故障も保証の対象外になります。(1)他の機器から受けた影響。(2)メーカー公式以外の修理や改造による故障、損傷。(3)火災、震災、風水害、落雷その他の天災地変、公害、塩害、ガス害、異常電圧などによる故障や損傷。(3)業務用途での使用による故障や損害。(4)イヤーパッドなど消耗品の交換や修理。(4)汚損した部分の交換。